ちょっと知っておきたい生活の知恵

おばあちゃんの知恵はバカにできない、ちょっとしたコツで生活が変わる。

雪道歩き足つぼマッサージ法

雪かきが必要な長野の北部に在住していることでどうしても雪道を歩かなければならない。雪かき、買い物、通勤と外に出ることは不可欠である。

 

ニュースでは大雪の景色や雪かきの風景、通勤通学で転ぶ人たちが流されている。

 

そんな雪道もちょっと考え方を変えると、とても健康にいいことを発見した。

考えてみて欲しいが、普段歩いていて土踏まずが地面に触れ刺激されるようなことはないはまず無い、しかし雪道を歩くと雪の凸凹により土踏まずを刺激してくれる。

 

このことにより足の裏がぽかぽか熱くなるのだ、よく石のついた足つぼマットの上を痛い思いをして歩く芸人をテレビを見るが、あんな痛い思いをしなくても雪道を歩くだけで同じ効果が得られる。

 

足の裏は第2の心臓

足の裏には多くのツボがありそれを刺激することで血行が良くなり、内蔵への刺激や冷え症改善など多くの効用があることが知られている。

まさにマッサージ効果である。

 

痩せるチャンス

冬は基礎代謝が上がることでただでさえ痩せやすと言われている。寒いことで体が体温を上げようとしてエネルギーを燃やし活発に反応するからだ、そういう状態で歩き運動し足裏への刺激されれば効果は一段上がることは言うまでも無い。

 

靴底の薄いゴム長靴がポイント

とはいえ冬用のブーツや靴は保温力を高めるために厚く頑丈に作られ、足への負担や刺激を極力抑えようと作られている。メーカーとしてみたら当然のことであるが、これではかえって足への刺激にはならない。

そこであえてホームセンターで1,000円程度で売られているような「ゴム長靴」をお奨めしたい。基本的に足つぼマッサージがメインなので長時間のウォーキングではなく30分~60分程度を想定してコンビニやスーパーへの買い物がてら雪道を歩くというものである。行って帰ってくるとしばらく暖房がいらないほどに体中がポカポカしている。また、普段の風景が一変した雪を眺めながらと滑らないように慎重に歩くことでの集中力でなんだか楽しくあったいう間に時間が経ってしまう。

帰ってきた後

胃や腸への刺激と運動というエネルギーを使うことでコンビニで買ってきた飲み物や食事もかなり美味しく感じるもの、雪だし寒いし外に出たくないという嫌々な感情から、足つぼマッサージとダイエットと帰ってきた時のコンビニ食での楽しみというプラスの感情に変えることで行動への大きな動機付けに変わる。

 

風邪予防と免疫力向上

ダイエット以外に雪歩き足つぼマッサージへの影響は多岐にわたる、風邪などの予防や免疫力への向上だ。長野県の自然環境は厳しいがなぜだか男女ともに寿命が1位になっている。その要因はたくさんあるだろうが、雪道を歩くというのも含まれているかもしれない。

 

雪が積もるチャンス

雪が積もる日は長野県でもそう多くはない、12月の後半から2月いっぱいで日数にすれば20~30日もないぐらいだろう(自分の住んでいる地域で言えば)その日が足つぼマッサージができるいいチャンスと考えている、そう考えると大雪の日は嫌な日では無くチャンスの日と思えてくる。

 

新しいブームへ

雪の運動と言えばスキーやスノボーぐらいしか思い浮かばないが、新たに雪道ダイエット運動として手軽なウォーキングと位置づけたらどうだろうか?本格的な装備もいらない、もちろんお金も時間も必要ないからだ。

また、雪道で滑ることを体で覚えておくのが大きな怪我や事故を防ぐことにもなり滑ったときの受け身や体への反応が全然変わってくる。それは自分の身を自分で守ることにつながってくる。

 

まとめ

 高齢化が進み、わずかな生活習慣が糖尿病や心臓病、脳卒中の予防になってくるはずである。小さなことの積み重ねにより免疫力を高め病気になりにくい体をつくる。それがしいては大病へのリスクを低め医療費を削減し認知症への予防へとつながってゆく。

介護についても大きな社会問題であり、それがいづれ子供達や家族に大きな影響を与えてしまうだろう。

 CMでおなじみのライザップのようなお金と時間をかけなくても、雪かきという社会貢献をしつつ筋力を高めダイエットもかねる、歩くことにより病気や免疫力向上させる。スキーやスケートなどのバランス感覚を身につける事も日常でできそれが運動神経に影響を与えることになる。

小さな生活習慣の積み重ねが大きな結果となって現われる。それがきっと長寿としての長野県へつながっているのだろう。

 

嫌な雪というイメージが健康、ダイエット、免疫力向上と日常の買い物をしつつ食事のおいしさといったご褒美により習慣化と嫌だなって言う感情をなくすことへとつながってゆく。それが努力とかの頑張りでは無くごく自然な流れで健康を維持することになる。

 

まぁ地域によって雪とは無縁の人も多いかもしれないが、ニュースで見る雪国といった「大変だなぁ~」というイメージの裏側に健康といういい側面もあることも知っておいてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク