ちょっと知っておきたい生活の知恵

おばあちゃんの知恵はバカにできない、ちょっとしたコツで生活が変わる。

ゴミがお金になるかも!?

オークションでこんなものが落札されている

 えっこんなのリサイクルやゴミとして処理するのが普通でしょ!?

いえいえ、そんなゴミもオークションに出したりするともしかしたら落札されるかもというゴミ?いや商品が…そんな商品を紹介します。

 

1・普通のペットボトル又は特定のペットボトル

 落札頻度は多くないものの大型のペットボトルや、ディズニーコラボなどの落札される可能性が高いです。まぁ長期間の出品で気長に待つのがいいかもしれません。

 

2・ペットボトルのキャップ

 まさか普通に捨てちゃうペットボトルの蓋が意外と頻繁に落札されている。ちょっとレアな感じだと1個、2個でも落札。コカ・コーラの季節限定品全種類みたいのでも人気あり、100個200個とまとめても落札される。アート作品を作ったり学校のボランティアなど需要もあるそうだ!

 

3・トイレットペーパーの芯

 これもまとめて出品、幼稚園保育園、小中学校の工作用に。調べてみると結構落札されている、工作用トイレットペーパーの芯80本とか潰さずにそのままの状態で発送されるようだ!

 

4・ヤクルトの空容器

 ヤクルトの空き容器も1本2本じゃなくまとめて夏休みの工作用に落札されることがあるようです。(頻度は多くないので子供が夏休み中にオークションに出してみるのもいいかもしれません100個当たり1000円で落札された例も)

 

5・プルタブ

 空き缶の明け口についているあれです。ハンドメイドに使うみたいで個数やグラムで出品することもわりと落札されるようです。

 

6・ブランド品の紙袋

 いつか使うかもと取っておいたブランド品の紙袋を欲しがる人も、シャネルやヴィトンなど高級ブランドの紙袋を数点セットにすると落札されやすい。ユニクロでも落札される。

さらに、ブランド品の空き箱やビニール袋なども落札される。

ちょっと面白いのはアップル社の商品をショップ袋や期間限定のディズニーランドの紙袋も人気。

 

7・保冷剤

 たまった保冷剤も10個まとめてとかで出品すると落札される可能性も、そのまま保冷剤として需要があるようです。

 

8・号外新聞

 街でただで配られる号外、見たらぽいと捨てるのはもったいない、オークションに出品すると1000円の高値で落札される場合も。世の中広いですよ。

 

9・ベルマーク

 PTAのノルマの為に落札されることもあるそうで、100点などまとめたものがわりと小まめに落札されている。

 

10・使用済みの切って

 これもまとめて出品するとコレクターの人が掘り出し物が無いか落札してくれます。

 

11・映画パンフレット

 上映される映画館が少ない映画のチラシやパンフレットは穴場商品熱心なコレクターが落札してくれる。

 

12・マクドのおもちゃ

 ハッピーセットに付属するおまけのおもちゃも人気の一つ、全種類とかそろっているとぐんと落札される可能性が高い。

 

まとめ

 昔、オークションにいらない商品を出品していたが、これが割と手間がかかる記憶がある。なかなか落札されない(不人気商品)1円でさえも落札されない、やっと落札されても、落札後のメールでのやり取り、配送料の確認と入金確認、商品を綺麗に掃除して梱包、あて名書きと郵便局への持ち込み、どう考えても数百円程度~千円程度じゃ割が合う気がしなかった。さて、ある者にとってはゴミある者にとってはお宝となるが。時間という価値を考えるならばむしろマイナス的感覚がある。

場所的な問題も引っかかる、シンプルライフを好むミニマニストにとっては余計な物を買わない所有しないことにしているし。余計な物があると掃除もしにくい、片づけしにくい面がある。それらを考えると個人的には長期出品でお金になったとしても全体としてマイナス。いやかなりマイナスな気がしてならない。

スポンサーリンク