ちょっと知っておきたい生活の知恵

おばあちゃんの知恵はバカにできない、ちょっとしたコツで生活が変わる。

トイレを綺麗に使って!洋式トイレで尿はねさせない方法を考える。

洋式トイレで立ちションしないで問題

 洋式の立ちションで気になるのが尿飛び問題!一人暮らしの人なら誰にも文句を言われることもないが、夫婦や家族の場合は気になって仕方のない事の一つ。

男の側からしてみれば、性器の中の管に残っているオシッコを絞りだす作業があるので立っておしっこをしたいものなのだ!そこら辺の感覚は女性にはわからない部分かもしれない。

 

座って尿をする

 座ってやれば問題はない距離が近ければもちろん跳ねは少ない。わかってるんですそんなこと。

ためしてガッテンでは12cm以内に近づければ跳ねはゼロという米研究者の報告。

しかし、便器に性器の先っちょがつく可能性もあるので嫌がる人も多い(深めに座れよという意見もあるが)

それに便座の裏側に尿が跳ねることは女性は考えていないのだろうか?

 

立ちションした時の跳ねない工夫

真上からする

 便座を足でまたぐ感じで真下にだす。これでだいぶ跳ね方が減った結果だったがトイレは狭いし前かがみになるので体制はちょっとキツイ。

 

トイレットペーパーを浮かべる

 跳ねないようにトイレットペーパーを入れてからオシッコをする。それでも跳ねを納めることはできないしトイレットペーパーももったいない。

 

水を流しながらする

 大の方の水を流しながらオシッコをしたらいいんじゃないかという意見だ!しかし、水が流したときに水しぶきが立ち上るらしいのでこれも効果としては疑問符がつく、それに水がもったいない。

 

便器になるべく近づける

膝を曲げてギリギリまで便器に近づける方法も体制的につらいものがある。

 

定期的に自分で掃除をする

 尿とびさせた本人が掃除をすれば解決!ユニットバスなら便器ごとシャワーで丸洗いもOk

 

まとめ

ざっとそんなところだがなかなかいい解決策は見つからなかった。

妥協して座ってやるのが一番なのかもしれない…

日本のトイレは綺麗だ、進んでいるというニュースを見たりもするがこの問題に関してはメーカーが知恵を絞って新たな便器の改良をしてほしいと願うばかりだ。

スポンサーリンク